妊活何する?まず葉酸

二人も子どもを生んでいながら、迂闊な私は妊娠時に二人とも安定期を過ぎてから「あ、葉酸飲んでなかった!」なんてことになりました。妊婦検診の度にポスターを見ていたはずなのに、なぜか初期には気付かない…。3人目を目指している今、改めて葉酸の効能や取り方について調べてみることにしました。

まず葉酸は、ビタミンB群のうちのひとつです。妊婦さんが葉酸をとることによって得られる赤ちゃんにとってよい効能は、神経管欠損症(NTD)等の胎児の先天性奇形の予防をしてくれることです。さらに、妊婦さんの貧血の予防や母乳の出を良くしてくれる効能もあります。心臓病のリスクも減らしてくれます。普段から貧血気味な私にはとても良さそう。

そして取り方です。貧血や心臓病のリスクを減らす効能や母乳の出を良くする効能については適宜葉酸を取れば問題ないです。しかし、神経管欠損症(NTD)等の胎児の先天性奇形予防に関しては、葉酸を妊娠する1ヶ月前から妊娠3ヶ月ごろに多めに摂取することが大切です。神経管欠損症は、受胎した後1ヶ月以内に発生するため、妊娠に気がついたころにはすでに遅い時もあります。

神経管欠損症を予防するには、前述の時期に葉酸を1日0.4mg程度摂取すると良いそうです。妊娠中は0.4mg、授乳中は0.3mgが目安です。

妊娠をしたい女性の妊活の第一歩ですね。私も3人目は、万全を期して今から葉酸を積極的に取りたいと思います。

ダイエットをしすぎると便秘になる?

最近は男性でも女性でもダイエットをする人が増えてきています。
ダイエット自体は、健康にいい場合もあるのですが、過度なダイエットをしてしまっている人が多いです。
過度なダイエットをしてしまうと、便秘になりやすくなってしまいます。

過度なダイエットとして、食事制限をするという方法が多いのですが、ほとんど食事をしなくなってしまうと、必要な栄養素を摂取することができなくなってしまい、便を排泄することが難しくなってしまうのです。
そして、ダイエットをして、他の部位は細くすることができたとしても、便秘になってしまったことによって、下腹部だけがポッコリお腹になってしまって、目立ってしまうことになりやすくなります。

ですから、食事制限をするにしても、肉ではなく野菜を中心にした食事をしたりしましょう。
野菜を中心にした食事にすることによって、食物繊維や便秘解消 サプリメントを十分に摂取することによって、便が流れやすくなり、便通を改善させやすくすることができます。

野菜であればカロリーも少ないですから、ダイエットの妨げにもなりませんし、便秘を改善させることによって、よりスムーズにダイエットをしていくことも可能になるのです。
サラダや温野菜にして朝食に食べると、そのまま食物繊維も取り入れやすくなります。

新着情報

◆2014/11/12
お腹の悩みにを新規投稿しました。
◆2014/11/12
葉酸を飲み始めたキッカケを新規投稿しました。
◆2014/11/05
妊活何する?まず葉酸の情報を更新しました。
◆2014/11/05
妊娠を、きっかけに飲んでますを新規投稿しました。
◆2014/10/29
サイトマップを新規投稿しました。